練習しない我が子に怒る親

自宅でのピアノの練習はほとんどのお子様が 親御様から「ピアノの練習をしなさい」と言われないと
しないと思います。

私も子供の頃 そうでした。

ピアノの練習は毎日こつこつとしなければいけないし すぐには上手くはならないし 一人でやらなくてはいけなくて孤独なので お子様にとっては楽しいものでは無いかもしれないです。

それに輪をかけて 親御様に怒られて萎縮しては もう楽しくもなく、やめたい気持ちになります。

(私は何度やめようかと思ったことか・・・・実際に何度もやめました)

お子様がある程度大きくなるまでは うまく大人が誘導してあげて お子様の能力や資質を伸ばしてあげることが大切ですので 親御様はお怒りをぐっとこらえて お子様がどうやったら自発的にたのしくピアノの前に座るか、ちょっとやってみてください。お子様を伸ばすのは ある程度の年齢までは大人の協力も必要です。

もちろん 私もレッスンでは 楽しくモチベーションが上がるように工夫をします。

でも楽しいというのは ただ単に好き勝手弾くのではなく ある程度の基礎を踏まえたうえでのことです。
楽譜をアレンジしたり よりそのお子様に適した教材を選んだり 譜読みが苦手なお子様には音符カードを使って楽しみながら音符の習得をしていただいたりします。

ほんとに基礎は大切です。

基礎ってどんな? と思う方は一度体験レッスンにお越しください・
お申し込みはこちら → https://dia-musica.com/taiken-2/