音楽的自立の大切さ

音楽的自立

なんだか難しそうなことばですが 
『音楽的自立』とは、先生がいなくても、 自分で楽譜を読んで、曲を演奏できるようになる状態をいいます。

ざっくり言うと
・楽譜がきちんと読める
・指を正しく動かせる
という2点がきちんとできていれば音楽的自立があるといえます
(厳密にはもっとたくさんの項目がありますが ・・・)

何年もピアノを習っていたのに やめたら弾けなくなってしまったとか
やめたら楽譜もきちんと読めないのに気が付いて 新しい曲の音符が読めない
とか たまに聞きますし 実際に以前に習っていたのに弾けなくなってしまったから、と当教室に入会なさった生徒さまも何人かいらっしゃいます。。

私はこの教室の生徒さま全員に 音楽的自立をしていただき 楽しくきちんと
たくさんステキなピアノをひいていただきたいと思っています。

当教室のレッスンは音楽的自立を確立するように 生徒さまお一人おひとりにあったレッスンをしています。

お問い合わせはお気軽にどうぞ  →  https://dia-musica.com/contact/

体験レッスンお申し込みはこちら →  https://dia-musica.com/taiken-2/



しかし、「楽譜が読める・鍵盤が分かる・指が動かせる」

という3つさえ身についていれば、レッスンをやめてしまっても、

ピアノとは一生お付き合いしてゆけるはずなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です